FC2ブログ
石川ひとみ姫を追いかける愚零闘武多(グレートムタ)が書き連ねる日記。ひとみさんの活動レポートや自分の趣味を中心に展開します。(本物のグレートムタではありません;汗)
真・猛虎の眼
合計 今日 昨日
四条を散歩
2006-11-04-Sat  CATEGORY:
 京都・四条大橋付近の眺め…


                       川
朝の何気ない風景。

                       川2
木屋町通りで沢山見られる水際の室内空間。中から見える外の景色はまた異なる雰囲気を感じられるんでしょうね。

                       鴨
鴨川で遊ぶ鴨(汗)。朝から元気だこと!

                       南座
京都の劇場の伝統を守る南座
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
京都の夜
2006-11-03-Fri  CATEGORY:
 翌日のJOYO産業祭りに備えて前日から京都入り。四条近辺をちょいとお散歩♪

                       sirakawa

 う~ん、しょぼいデジカメで夜間撮影は無理だなぁ。結構雰囲気のある一帯だったのに(苦笑)。

                       hanamikouji

 花見小路を南下して建仁寺まで歩いてきたところ。一方通行で広くもなく歩道みたいなところにタクシーが途切れなく走ってくる。しかも猛スピードで!なかなかシャッターチャンスが来ないし邪魔!観光ができない!

                       keisatu

 鴨川を渡って木屋町通り、夜はこんななのか。ある意味情緒がある。ネオン街とさして変わらない(苦笑)。酔っ払いは多いしみんな「どこ向いて歩いてんだよ!」状態だし。

 しかも警察がいて‘特別警戒中’だったのに…警官の目の前でオッサンが立小便してても‘見て見ぬフリ’、公人ってみんなこうなのかい?!
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
10月16日水曜日午後9時59分
2006-11-02-Thu  CATEGORY: スポーツ
 某チームのファンなら誰でも知っているこの日時、


 阪神タイガース、21年ぶりのセ・リーグ制覇!


 勿論これは21年前の1985年のお話。そう、前回は21年ぶりの優勝だったから今回も21年ぶりに…ってことにでもなればよかったんだけどねぇ~、うまくいかないもんですね。「今度は20年も待たせんといてや~」というコピーを何度となく見たっけ。

 2年前はその21年前の日本シリーズの対戦相手でもあった南海(現・福岡ソフトバンク)に惜しくも3勝4敗でリベンジに失敗したので今年は44年前、やはり日本シリーズで負けた東映フライヤーズ(現・日本ハムファイターズ)が相手でもあり、リベンジの絶好の機会だったんだけどなぁ。

 見たかったといえば、藤川VS新庄 これなら絵になる。中日の投手陣ではみんなキャラ負けしちゃうでしょ。藤川球児なら…とにかく相手打者がストレートとわかっていてもバットに当たらない。オールスターでは西武のカブレラがかすりもしなかった。そして防御率は常識を覆す0.68今年の最優秀防御率が広島・黒田の1.85(規定投球回数を満たすことが条件)であることを考えれば驚異的である。勝負はどう考えても藤川に分があるけど見る側にとっては面白い対決でしょ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ちょっと待ちな!
2006-11-01-Wed  CATEGORY: 日記
 もううんざりなんで履修漏れ関連の記事は書きたくないけど見過ごせない‘話’が聞こえたので…


 『女性教師、学校のパワーハラスメントで自殺?!』


 パソコンに動機が書かれた遺書があったらしいけど‘死人に口なし’みたいな学校側の主張、気になる事実があった。


・(能力不足として)研修センターに行かされた(遺書)
→適切な処置(学校側の主張)


 問題はこのいきさつの部分


・(音楽担当なのに)家庭科も担当し、更に国語までやらされた(遺書)
→教師が不足していてやむを得ない状況だった(学校側の主張)


 ん?それ、規定に反してないだろうね?小学校の教員は総合だからどの教科も教えてもいいけど中学高校は教科ごとの免許になるはず。音楽の教師が家庭科の免許を持っていたかどうかも疑わしいのに国語の免許を持っていたとは思えないんだけどなぁ。

 なぜかこれについての報道がされていない(私がたまたま聞いてない?!)から実際のところはどうなのかわからない。複数の免許を持っている例は少なくないけどこの件はどうも怪しいな。もし免許なし(無資格者)だったら学校側の指示は反則ですからね。「本人の了解を得た」という学校側の主張が事実だとしても認められない。だいたい校長から指示されて断れるわけないでしょ。断れるくらいならセンター行きだって断ってるはず。


 そこで履修漏れの問題。


 『教える先生がいない』


 という切実な問題がクローズアップされている。校長が教壇に立つという話まで出ている。数学の教師が英語を教えるという事態が続出するかも。下手すると‘実は用務員のおじさん’だったなんてことにもなり兼ねない。


 言うこととやることが違う伊吹氏、結局補習時間を70時間(50時間という話も!)でまとめようとしているけど…これ、一律?!

 必要時限数70時間の人も補習時間70時間
 必要時限数350時間の人も補習時間70時間

 これがなし崩しでない公平なやり方として出された結論なのか(呆)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0

ブロ電™切符

ブログ検索エンジン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ登録・検索 Blog Entry くつろぐ くつろぐカテゴリー くつろぐマイプロフィール みんなのプロフィールSP
<< 2006/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 真・猛虎の眼. all rights reserved.