FC2ブログ
石川ひとみ姫を追いかける愚零闘武多(グレートムタ)が書き連ねる日記。ひとみさんの活動レポートや自分の趣味を中心に展開します。(本物のグレートムタではありません;汗)
真・猛虎の眼
合計 今日 昨日
ひよこが鶴に負けた?!
2006-11-30-Thu  CATEGORY: 日記
 銘菓の『ひよ子』の類似商品が多いらしく、訴訟問題に発展しているようですが…勝訴したのは偽物のほうだって?!


 元祖の吉野堂の立体商標登録が特許庁から認められていたにも関わらず裁判所は「ありふれた形状」として商標事態を無効と判断したそうです。ありふれてるありふれてないの基準は?結局裁判長の嗜好で決められちゃうんでしょうね。で、これが判例となっちゃうのか!


 確かに著作権と同じで「ちょっとでも似てたら盗作」なんてのは非現実的ですが…吉野堂も元祖ではないんですね(苦笑)。類似品は20以上あるとか。本物はどれだ?!



 しかしなぁ、偽物のほうの‘二鶴堂’のやり方はエゲつないよ!商品の形状が似てるのはともかく中身の餡は味が微妙に違うだけで根本は同じモノ、パッケージの包み紙まで似せてる(ともに白地でシンプルなシルエット模様入り)なんて、吉野堂に便乗してるとしか思えませんね。だいたい商品名が『二鶴の親子』っていうけど商品は親子じゃないし『鶴』なのに『ひよ子』より太ってるし(苦笑)。『ひよ子』のような屈曲部が無いのはそれを具現化する技術が無いか工数を減らす(要するに横着)ためなのかな?


 このことで初めて知りましたが‘東京名物のひよ子’って本社が福岡だったんですね(汗)。




 どうでもいい話ですが(笑)グレートムタ(私ではなく本物のほう)も過去に偽物が現れてます。GREAT MUTA(英字表示されただけ)、グレートニタ(大仁田厚がパロったもの)など。でも所詮偽物はニセモノ、本家ムタが直接対決で例外なく倒しています。それも二度と現れることができなくなるほど圧倒的な実力差を見せつけて。

 本家『ひよ子』も偽物をはるかに凌ぐ商品力でニセモノを消し去るぐらいの意気込みを見せてほしいですね。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント4

ブロ電™切符

ブログ検索エンジン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ登録・検索 Blog Entry くつろぐ くつろぐカテゴリー くつろぐマイプロフィール みんなのプロフィールSP
<< 2006/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 真・猛虎の眼. all rights reserved.