FC2ブログ
石川ひとみ姫を追いかける愚零闘武多(グレートムタ)が書き連ねる日記。ひとみさんの活動レポートや自分の趣味を中心に展開します。(本物のグレートムタではありません;汗)
真・猛虎の眼
合計 今日 昨日
打つ手ナシ?!
2007-08-23-Thu  CATEGORY: 日記
 あまりネガティブな記事は控えようと思ってましたが、スルーできない事件いや、陰謀がありまして…



(事件の概要)
 16歳の少女が10人の少年らによって強姦未遂を受けた



<一審>
 少年らはアリバイを主張
[判決:アリバイの証言者は身内のため採用できないとして有罪]


(信憑性が無いならともかく既にこの時点から裁判官らは事実を捻じ曲げようとしている)



<二審>
 少女の「無理矢理母親に『今日は帰らない』と電話させられた」という供述に対し、少年側の弁護人が‘通信記録から母親と話したのは事実だがその15秒後に第三者の男性と通信していること、その男性(富士市らしい;汗)と少女が犯行時刻にデートしていたこと」を反論材料として提示した。
 少女は「嘘ついてました。ごめんなさい。」といったんは謝罪した。

(少年らは「これで終わった」と思ったのだが…)

 少女側はなんと「犯行日を勘違いしてました。9月16日ではなく9月9日でした。」

(なんとなんと、裁判官、これを認めちゃったよ。バンザ~イ、もうお手上げ?!)



<東京高裁>
 弁護人の新たな反論
・9月9日の気象条件では強い雨で衣服が変色するほど濡れていたはず(裁判官立会いのもと、実験も行った)なのに少女は「傘もさしてないし服も濡れなかった」と証言している。
・警察の調書では少年らが「ロープが張られて公園に入れなかった…」となっているがロープが張られたのは9月14日なので9月9日にロープ云々はおかしい。

[判決:現場だけは降らなかったのかもしれない。少女の証言は一貫している。有罪]
 参考:気象庁によると「現場だけ降らなかった」なんてありえない、とのこと。





 単に判決がおかしいだけではないですね。この事件、少女の証言と少年らの自白(少年らは言葉や身体への暴力で仕方なくと主張しているが)だけで物証は皆無であるようです。
 本来、物証が無ければ不起訴を恐れて検察が起訴しないんですけどね。ましてや裁判官がどう考えても筋の通らないことを一審・二審・高裁の全てが足並みをそろえている、見えない力が働いているのは間違いないけどそれが何なのか?即日控訴したらしいけどさて、最高裁の判決は?


 正直言ってもし自分がこんなトラブルに巻き込まれたら講じる手段が見つからないなぁ。どうする?直接関わらなくても裁判員制度によって直面したら…本来司法は法律に則って公平に誠実に議論されるべきものである、なのにこの事件ではそんな大前提が崩れているよね。
 裁判で挙げられている論証はどれも少年らの無罪を示すものばかり。裁判官の判断は全て少女の証言だけを採用している。


 さてと、ムタ裁判員としてはいかがいたしましょう。やっぱり定石通り弱点突いてみましょかね。○○に△さ△りを××る、具体案はまだ見つからないけどこれしかナイ!


 少女の「ゴメンナサイ」が真実だよ!その後のやりとりは少女の意思とかけ離れたものじゃない?だから○○は警察・検察・裁判官にとってアキレス腱になる可能性を秘めてるってことよ~ん♪
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0

ブロ電™切符

ブログ検索エンジン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ登録・検索 Blog Entry くつろぐ くつろぐカテゴリー くつろぐマイプロフィール みんなのプロフィールSP
<< 2007/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 真・猛虎の眼. all rights reserved.