石川ひとみ姫を追いかける愚零闘武多(グレートムタ)が書き連ねる日記。ひとみさんの活動レポートや自分の趣味を中心に展開します。(本物のグレートムタではありません;汗)
真・猛虎の眼
合計 今日 昨日
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
杉並方南歌謡祭
2013-08-26-Mon  CATEGORY: 石川ひとみ
DSCN1710.jpg


早朝、まだ準備も始まってません(汗)。
ステージカーなので前夜から仕込んでるかと思いきや…
意外とのんびり(?)です。昼からショーが始まるのに(汗)。


DSCN1713.jpg


石川ひとみさんのポスター、何で小さいんだ!
しかもこれ、パソコンで画像引き伸ばしただけぢゃん!


DSCN1712.jpg


猛暑のせいか、幻が見える?
ミドレンジャーの幻が見える!
ミドレンジャーが愛想よく通行人に挨拶している幻が見える?!
ご当地アイドルのような存在のようでケーブルTVの撮影をやってました。


DSCN1714.jpg


昼前にはほとんど誰も座ってません。
暑いから(汗)。
昼過ぎに現れたのはエスさん。直後には16日に引き続き、元(?)魔子ちゃんファンのヒトミスト・0pageさんがお早い到着♪


DSCN1717.jpg


客席前列でしゃがんで待機していた出番待ちの大道芸、裏から入れるはずだが???


DSCN1722.jpg


夕方には38000人(某出演者所属事務所発表(爆))という賑わいぶり。


地元民による踊り『エイサー』が終わるとお待ちかねの歌謡ショー♪


ショーは17時から始まり、数人の歌手が歌ったあと、大御所3人が登場。まずはエスさんとコネリーさんがお目当てのクーミンこと大場久美子さん。なるほど、素晴らしい歌唱力だ(汗)! 自虐は事務所共通の作戦なのだろうか(汗)?私の後ろに座っていたコネリーさんはどんな表情をして観ていたのだろうか? 思えばコネリーさんはクーミンが出演した板橋コンサートにも来ていたよ~な・・・


で、私はそんなクーミン以上に袖の裏で顔を出したり引っ込めたりしているお兄さんの動向が気になったりして(汗)。声が届かないので身振り手振りだけで何とか会話して(汗)。


色んな意味で面白かった(爆)クーミンのステージが終わっていよいよ、というところでそれまでおとなしかった空から ポツ・ポツ・ポツポツ・ポツポツポツ、と冷たい“モノ”が! しかも歌い出しの曲が『にわか雨』♪ 洒落にならんて! 逃げ場がないし。でもひとみさんは晴れ女ですからね♪ じきに止みました。


2曲目はナマで聴くのが2回目となる『空も飛べるはず』、震災チャリティーの企画アルバムに収録されていますがお祭りなら特に拘る必要もないしなかなか聴ける機会が少ない曲は希少価値高いです。八重洲のイベントで“曲を分解する”とかなんとかで苦労したという話をされていましたがなんか・・・ひとみさんの声が妙にマッチしてるよ~な・・・


3曲目の『ともだちみつけた』はファミリー向けでありながらひとみさんの声量がガンガン響いてくる心地よさが好きな一曲です。


4曲目、小さなお子さんも大きなお子さんも楽しめる『プリンプリン物語』。このテのお祭りのお客はとにかくノリがいい。てか何でも楽しもうという感じかな。この日もひとみさん、“お姉さん”を強調してましたが、クーミンは「53歳8ヵ月でーす」と年齢をネタにしていたのでひとみさんも「53歳11ヵ月でーす」ってやればよかったのに(爆)。


5曲目はすずらん収録曲の『もしもピアノが弾けたなら』、しっかりアルバムの宣伝もして・・・あれ? 帰り際に見た即売ブースにすずらんが見当たらなかったけど??? 数に限りがあるとか言ってたから完売かな?


ラストはもちろん『まちぶせ』♪ 体調もだいぶ戻ってましたね。完璧ではないけどもう心配いらないでしょう。


そして奇跡が?!
なんとアンコールが発生しました。このお祭り、アンコールはやらないのですが地元民も思わずって感じでした。この日アンコールかかったのはひとみさんだけ・・・いや、数年前来た時には一人もかからなかった。いやいや、地元民によると今までかかったことがなかったそうです! これで来年のエントリーは決まりですね! アンケートにも書いておいたしね♪


締めは地元出身の冠二郎さん。いちびったお客とうまく掛け合いながら会場を沸かせました。


最後に出演者全員が再びステージに上がって大団円♪


で、最後にひと仕事♪
ごった返している会場周辺、なかなか進めないと思ったらクーミンがミーハーたちに捕まってる! サービスするもんだから。


出遅れたコネリーさん、「今どこ?」「東って・・・どっちが東かわからない」 コネリーさん、外出時は方位磁石を持参するように♪ 地元で迷子になるくらいなんだから(汗)。ひとみさんの見送りは冷やかし程度なのにクーミンとなると目の色だけでなく動きもいつもと違う!


その後のオフ会はチームGODAから1名加わって総勢8名でジョナサンへ。コネリーさんの上映会、あと何万回見せられるのだろうか(汗)? チームGODAが2名もいたのだからコネリーさんももっとクーミンの話をすればよかったのに・・・0pageさん、日増しにヒトミストランキングが上がってますね。あ、ayaさんからはお宝写真を見せ突けられましたね。山田氏とのツーショットとか(汗)。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント7
『THE REBORN SONGS ~すずらん~』発売記念スペシャルミニステージ in イオンモール葛西
2013-08-21-Wed  CATEGORY: 石川ひとみ
先日の富山では歌を回避するほど体調を崩されていて、ちょっと心配でしたが・・・先に言っちゃうとやはり万全ではなかったですね。今週もステージがありますが、心配の声はひとみさんに負担掛けかねないので“心配だ”は極力避けましょう。


で、この日集まったのはヒトミスト5名に魔子ちゃんファンが3名の総勢5名・・・? 計算がおかしい? いやいや、兼任がいるので(汗)。てか、5人全員本命が違うなんて・・・ひとみさんが本命なのは私だけという(爆汗)


DSCN1680.jpg


赤のワンピース、あまり見かけない衣装でしたね。曲目は恒例の4曲。お行儀のよいお客さんばかりでよかったですねぇ。他意はありませんが(爆)。


小さな子供をめざとく見つけたひとみさん、「あたしのことわかるかな~?“お姉さん”だよ~♪お姉さんだからね!」


レポするほど目新しいことはありませんでした。握手会は先般の3公演(たまプラ、土浦、津田沼)の時ほどではなかったけどかなりの行列ができてひと安心。実はある人からの情報によると前日ステージを行われた伊藤咲子さん、サイン会では列ができないほど寂しかったそうです。もうひとり、何とかっていう歌手に至っては散々すったもんだしたあげく即売すらやらなかったらしいです。なもんで昨日の今日、ちょっと心配でしたが盛況に、無事に・・・いや! 無事ぢゃないな。


DSCN1682.jpg


物販の時、スタッフが「ジャケットにサインしますので封を開けておいて下さい」と。席に戻って封を開けてスタンバイ。終演後、ステージ上で書き置きのサイン色紙を用意し始めたお兄さん! 騙された!


DSCN1706.jpg


今回は特にレポする内容がなかったのでコネリーさん曰く「一人で三人分喋ってた」という握手会での私とひとみさんのやりとりを紹介します。富山での握手会の時、その日の衣装の事をひとみさんに伝えたんですよ。8年前に富山県で2公演ずつ2日間ファミリーコンサートがあったんですが私の記憶ではその時と同じ衣装だったので多分間違いないですよ、と話したらひとみさんが大変驚かれて・・・その話の続きなんですが、オフィシャルに掲載されている8年前の写真を用意していって今回の握手会でひとみさんに改めて見てもらってしかも時期も当時は7月で同じ真夏だったという偶然も話したので二人で盛り上がってしまったわけです。ついでに、ひとみさんが大好きなバラの写真も見せたんですよ。絵本館で咲いてたモノですが、真夏に咲いてるなんて奇跡に近いので。ちなみにオフィシャルでは6月と書いてますが7月が正解です。


オフ会は述懐したようにヒトミスト5名に魔子ちゃんファン3名の総勢5名(汗)。内訳はチームくらたま代表のコネリーさん、チームおりちゃん代表の松葉さん、チーム魔子代表(?)で新人ヒトミストの0pageさん、チームGODAのエスさん、そしてひとみさん直属の部下のムタ、、、、、以上です。


場所は紆余曲折があって結局サイゼリヤで。この時コネリーさんの執念を見せつけられて・・・呑みたいコネリーさん、普段のおっとりからは考えられないほど積極的に動いて居酒屋を探します。まだ14時台なのに。そしたら「事前に営業時間を調べた」と。それならイベント会場のアクセスを迷子にならない程度には調べてきてほしいですよぉ。目の前にある居酒屋『華の舞』、17時からと書いてあるのに2階まで上がって確認する執念、凄いっす。この前(魔子ちゃんライブがあった8/3ヨーカドー葛西)行った華の舞はこの辺じゃなかったっけ?ってよく覚えてるなぁ、と言いたいところだけどアレは葛西駅、今回は西葛西駅ですからぁ(汗汗汗)。


すったもんだして入ったサイゼリヤでもアルコールに目がないコネリーさん。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
しゃっこい祭りレポート by 大和飛鳥さん
2013-08-20-Tue  CATEGORY: 石川ひとみ
原因不明(?)の通信障害があってすっかり遅くなりましたが、北海道までひとみさんをストーキングしてきた大和飛鳥さんから届いたしゃっこい祭りのレポを無修正で紹介します。









昨日の京極しゃっこい祭りでの様子をご報告します。



まずは朝の羽田空港。羽田発8時15分のエア・ドゥとANAの共同運航便。


無事に新千歳空港に着陸し、到着ロビーへ歩く後姿。あの特徴ある長髪男性。その後ろには同じく見覚えある小柄な女性。

どうやら姫と同じ飛行機だったようです。

ロビーでお二人にお声掛けさせていただきました。ほかにも女性スタッフがいたような気がします。

ご一行はお迎えの車で、私はレンタカーで、道の駅「名水の里きょうごく」と隣接されているふきだし公園へ。

彼らがどのような道をたどったのか不明ですが、会場には私の方が先に到着。

この時時刻は11時50分。新千歳から1時間30分の道のりでした。



さて、イベントは完全に地域のお祭り状態。ローカルな出し物が続きます。やがて、道産子発のアイドルユニット「フルーティー」とやらが登場。6人組。(配られた団扇には7名写っていましたがね)。まぁあえて言うならM野好みの集団でしょう。

彼女たちには写真撮り放題。M子さまのような親衛隊がカメラを片手に盛んに奇声…じゃなかった応援を繰り広げていました。


そしていよいよ歌謡ショー本番。

ひとみさんは3番目。ゲストのトリで登場。


ノースリーブの白のロングドレスです。どこかで着ていたかなぁ。初めて見る衣装のような気もします。

やはり写真撮影お断りではなかったので、会場の多くが携帯やらデジカメやらで姫を狙います。もちろん私もその一人。


さて、肝心な内容ですが、

まずは「にわか雨」からスタート。私は久しぶりの生「にわか雨」。これは事前の音合わせでも流れていたので予測済み。

そのあとのMCは、「すずらん」の宣伝。考えてみるとすずらんって北海道の代表的な花。でもひっちゃんはそのことには触れずじまい…(汗)。

続けては、夏の北海道には合わないかな???と前置きがあって「なごり雪」。

そのあとのMCでは「なごり雪」は北海道では2度目の歌唱だという。確か、岩見沢で歌っていましたね。

3曲目は「もしもピアノが弾けたなら」

そのあとのMCでは、いろいろとつらいことが多かったこの2年間だけれども、この曲を聴いた皆さんが元気になるためのお手伝いができたら…と、4曲目の「元気を出して」につながります。

5曲目はいつもの通り「まちぶせ」。

ひっちゃんで、最近はサビの「すきだ~ったのよ、あなた」を観客と一緒に歌おうとしていますよね。当然そこは音程もテンポも外れるわけで…。今回もそうでした。個人的にはひっちゃんのソロが聴きたいんだよなぁ。だいたい、「ご一緒に~」となっても、素人の皆さんはなかなか歌わないですよね。ひっちゃんファンもなかなか歌わないんだから。


で、そのまま他のゲストとともにステージでエンディング。歌詞カードが場内に配られ、「若いって素晴らしい」の合唱を皆さんでやろうという企画。でも田舎の皆様にはあまり浸透していない歌だよ、これ。結局は会場はほとんど静かなまま3人での合唱となりました…(笑)。

浸透していないから会場は「しーんと」していたなんて寒いギャグが出てしまいます。

合唱しようという主催者の企画倒れに合掌…(寒)。


じつはタイムスケジュールが30分以上遅れてしまい、お兄さんが時計を何度も見ながら、主催者や音響、楽屋らしきテントを何度も行ったり来たり。帰りの飛行機の時間を気にしてたのかも知れません。実際、私も飛行機がギリギリでしたから。しかも今夜の東京便はすべて満席ですから、万一乗り遅れた場合、次の飛行機というわけにも行かないし…。

じつは帰りの飛行機も一緒かな???なんて期待していたんですけどね。残念ながらそれはムリでした。


私は終わったあとのひっちゃんへのご挨拶もそこそこに急ぎ空港に向かったのでした。









(石川ひとみ準公式サイト(自称)管理人より)

まず・・・ストーカー行為はおやめ下さい(爆)。
それと、私より上手な文章もおやめ下さい(爆爆)。

「見覚えある小柄な・・」は二人いるのだから「見覚えあるふ・た・り♪」のほうがよろしいです。

M野好みって・・・熟女だったのですか?!

白のロングドレス、見覚えあります。比較的最近だったと思いますが…いつどこでだったかは思い出せません。

にわか雨、最近歌われる機会が多いですね。

まちぶせのサビは確かに聞き入っていたいですよね。

「若いって素晴らしい」はそれまでの流れをしっかり作っていれば企画としてはアリなんでしょうけど、唐突にやられてもねぇ(汗)。なぜこの曲が出てきたか、お客のほとんどがわからなかったでしょうからね。去年の会津のイベントの時のようにCDを配布するとか最低でも歌詞カードを配布とかしないと「???」ですよね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
おおしま絵本会議2013
2013-08-14-Wed  CATEGORY: 石川ひとみ
8年ぶりの富山遠征、あの◆◆も8年ぶり?!


高速バスの度重なる重大事故のおかげで法改正がなされ、便が激減し運賃が高騰!
何とか便を確保したものの行きは夜行が取れず昼便で向かうことに。しかし、冷房の効いた待合室が用意されていたのは嬉しい誤算♪

ほぼ定刻どおりに富山駅到着。新幹線の整備工事のため現在在来線は仮駅舎で営業とのこと。食事前に確認しに行ったらなんと…


DSCN1606.jpg


自動改札ではなく懐かしの手改札。券売機もこれまた懐かしいボタン式でタッチパネルではありませんでした。


DSCN1608.jpg


暑くてご飯が喉を通りにくいので冷えたそばを夕食に。名物・立山そば、立山の文字が入ったかまぼこ(?)は味がついていておいしかったけど…文字が立山ではなく山立になってたのが気になるところ。裏返したらちゃんと立山になったけど(汗)。


DSCN1609.jpg


敷地入り口から建物入り口までちょいと歩くロケーション。


DSCN1610.jpg


春先とか秋口なら気持ちよさそうですが、途中に休憩所が設けられています。色とりどりの花があり、背面にはバラの木です。こんな猛暑でも立派に咲いてるのは驚きですね。


DSCN1611.jpg
DSCN1618.jpg


真向かいには立派な公園がありましたが裏を見ると…まるで海部郡のような田園風景♪


DSCN1616.jpg


開館の10時より少し前にエントランスにいたら中の人が気付いて「エントランス入ったところの店の前までならいいですよ」と冷房の効いた館内に入れてもらえました。ラッキー!


その場でチケットの購入も済ませてボーッとしてたら同じく開館前に大和飛鳥さんがのそのそと♪


会館のフロアマップを見ると2階が事務所、どうやって入館を管理するのかなと思ったら、敷地内に渡し橋みたいなのがあって2階がエントランスになってるんですね。会場のシアターは階段を降りて1階に位置します。


10時になってからシアター前の受付前でスタンバイ。開場まで3時間あるけど話し相手もいるし涼しいしなんてことはない。最近行ったイベントに比べれば(爆)。


ほどなくしてアナウンサーの村上信夫さんが会場入り。一緒に俳優の金田明夫さんも入りしたので注視してるとお兄さんが、そして石川ひとみさんが♪ そのまま階段を降りてシアターに入るひとみさんをしっかり出迎えて最初の任務は完了。この時のご様子では元気そうだな、と思いましたが実はこの日、ひとみさんは喉の調子がすぐれず歌は無し。村上さんが「事務所がCD持ってくるのを忘れてきたそうです」と本番中に笑い話としておっしゃってましたが歌わないのだから即売はできないということのようです。


ということで、会議は御三方がソファーに座って絵本を朗読しながらその内容についてざっくばらんに語り合うという進行。お互いのキャラが充分引き出されていたと思います。ただ朗読を聞かされるだけでなくプロジェクターで絵を紹介してくれたのでわかりやすかったです。


絵本ということで子供向けのホンワカしたものを想像してましたが冒頭からシュールな作品でビックリ! いきなり犬が車から放り出されて淋しすぎる後ろ姿、飼い主が戻ってきたと思ったのか道路を横切ったらそれが原因で車同士の事故・・・しかもこれ、台詞がひとつも無いんですよ。人によって解釈が変わる、大人の絵本ですね。


ひとみさんから紹介された犬の絵本。子供の頃歌手の次になりたかったのは犬のトリマーというファンなら誰でも知ってるお話が紹介されましたが絵本の内容は犬の悲しい現実。あどけない表情の犬たち。その檻の上部には『処分』という残酷な2文字。そして「みんなもうこの世にいません」という衝撃的なラスト。


でも、村上さんも元NHKらしからぬ(?)軽快かつ気さくな語り口調で、金田さんも控えめな態度ながらも随所に金田節を炸裂させて総じて和やかな雰囲気でしたね。ひとみさんも普段と変わらぬ態度・・・あ、またノロケてたなぁ。闘病中の直毅さんの変わらぬ態度に・・・って。わーったよ(汗)。


『ぜつぼうの濁点』もあえて突っ込めば駄洒落なんですが(汗)、その過程は考えさせられます。“絶望(ぜつぼう)”の濁点をとれば“切望(せつぼう)”になる、そんな濁点が“気泡(きほう)”に付けば“希望(きぼう)”になる、という。単なる駄洒落でなく濁点が主のために旅に出るというストーリーはいかにも絵本らしいですね。


こんな感じでシュールな絵本だけでなく『あ、そうなんだ!』というような内容のものもあったり、充分楽しめました。感情を最大限に表現した金田劇場も拍手喝采でした。


残念なのはマナーのこと。事前アナウンスで「子供が泣きだしたりした場合は会場を出て下さい」という厳しい告知があったので警備も厳しいかと思いきや・・・撮影禁止にも関わらず撮影している人が複数いたみたいな。しかもフラッシュ焚いて! 進行中の村上さんが「フラッシュはやめて下さい」とおっしゃった後にもフラッシュ焚いてる人がいてまた村上さんから「やめてね」と言われる始末。あれはスタッフが何とかしなきゃいけない。


終演後、会場を出たところで村上さんが本の即売&サイン会をやってました。しばらく眺めていたら・・・「石川さんと金田さんが握手してくださるので希望者は並んでください」という嬉しい誤算のアナウンス。CD買わなくても握手できる(爆)。


しかも撮影もOKというか黙認でした♪ こんなチャンス、もう無いかも。普段は絶対NGですからね。なかにはツーショット撮影してる人も♪ 衣装は赤のチェック柄ワンピースで奇しくも8年前富山のファミリーコンサートで着たモノです。そのことを本人にお話したら大変ビックリされてました。8年ぶりに着たのではなく何回か着てるモノなんですけどね(汗)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント17
いるのかな?
2013-08-04-Sun  CATEGORY: 石野真子
怨霊さん、どこに座ってるのかな?(in亀戸)
ページトップへ  トラックバック0 コメント3

ブロ電™切符

ブログ検索エンジン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ登録・検索 Blog Entry くつろぐ くつろぐカテゴリー くつろぐマイプロフィール みんなのプロフィールSP
<< 2013/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 真・猛虎の眼. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。