石川ひとみ姫を追いかける愚零闘武多(グレートムタ)が書き連ねる日記。ひとみさんの活動レポートや自分の趣味を中心に展開します。(本物のグレートムタではありません;汗)
真・猛虎の眼
合計 今日 昨日
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
『THE REBORN SONGS~すずらん~』リリース記念ミニステージ@イオン北戸田
2013-12-17-Tue  CATEGORY: 石川ひとみ
3年前、魔子ちゃんのミニライブがあったイオン北戸田。あの時もエスさんがいた。そしてたまたま覗きに来たドリームさんに見つかって・・・2号女がえげつない手段で座席を確保していた、その2号女と仲良く(?)談笑しているように見えたグリーンさん。曰く、「そんなんじゃない!(隣に来られて)仕方なくですよ~」と言っていたのが忘れられない。そんな思い出のイオン北戸田。肝心なライブの内容が思い出せない(汗)。


今回はちょいと面倒くさいタイムスケジュールになってまして、13:00と16:00に『3D ENKA』を標榜するMIZMOという3人組のステージがあってその間の14:30に挟まれる形で石川ひとみさんのステージ。『3D ENKA』というのは演歌を3人でハーモニーするというスタイルでその雰囲気は演歌というより昭和ムード歌謡に近いかな。そのせいか客層はそういう年代が中心。デビューアルバムのキャンペーンでアルバム購入者にはサイン色紙&握手会に撮影会という特典付き。松葉さんが物凄く参加したそうな顔してたけど遠慮するとか言って・・・格好つけちゃって♪ 撮影会は3人とのショット以外に1人1人とそれぞれ撮影しているお客もいて、さすが演歌系はユルい。これでアルバム2100円ならコストパフォーマンスはいいですね。ソックリではないけどパッと見がコネリーさん似というかコネリーさんのバッタもんみたいなお客がいて、頭にタコ(の玩具)をかぶせて撮影していた。


席取りもあって13時から観覧してたけど0pageさん・松葉さん・ayaさんは13時までにスタンバイOK牧場! MIZMOのステージは20分弱だったかな。そしていつのまにか会場はギャラリーで埋め尽くされて・・・


赤っぽいタイトワンピースのひとみさん。恒例の4曲(もしもピアノが弾けたなら・なごり雪・元気を出して・まちぶせ)でファン以外の客層をも魅了、終演後のサイン&握手会は魔子ちゃんをも上回る物凄い長蛇の列。それだけ長い間ひとみさんを眺めていられる♪


次の公演もあるからかトークはそれなりでしたが小さな子供をめざとく見つけたり無難な進め方で声の調子もバッチリ! マイクスタンドだけは調子悪かったようです。なごり雪を歌う時、ひとみさんがマイクをセットして角度を合わせると回転してマイクが手前にお辞儀して「あら~♪」と。再度角度を上げるもコントのように下がってしまい・・・結局スタンドなしで以降も歌うことになるプチハプニングも。「これからもぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひ、お願いしま~~~す♪」と最近すっかり可愛らしい素性をあらわにする場面が見られるようになりました。数年前まではどちらかといえばカタイ雰囲気で優等生っぽいお話が多かったですが、感情をストレートに出すひとみさんもなかなかいいですねぇ♪


オフ会はドリームさん(単身)・ayaさん・エスさんと4人でイオンの中のガ◆トへ。0pageさん・松葉さんは野暮用?でお帰り。バカっ話の中にも色々企んだりもして・・・お互いよい年末が過ごせるといいですね。あ、ドリームさんにはぽっかり・・ぢゃなくて、うっかり・・でもなくて・・すっかり(汗)ご馳走になってしまいました。そういえば3年前は駅近くの風変わりな定食&coffee店でエスさんに奢って頂いて。北戸田に来る際は1人でなく仲間と一緒に来よう(爆)。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
70'sアイドル同窓会ディナーショー
2013-12-07-Sat  CATEGORY: 石川ひとみ
今回のディナーショーは石川ひとみさん・麻丘めぐみさん・大場久美子さんのジョイントディナーショー♪


A.M.6時すぎ、横手に到着。マックで時間調整しながら松葉さんに連絡。前日の段階で交通機関をどうするか何も決めてなかったそうだが…結局バスだったみたいだけどJRバスだから秋田まで行っちゃって私の居る横手まで南下してくるとのこと。合流し、松葉さんをマックに置いて私は“ブツ”の受け取りに外出。横手ではゆうゆうプラザという日帰り温泉でサッパリしてからワンマン列車で湯沢へ。もっとゆっくり露天風呂に浸かりたかったな。


DSCN1950.jpg


どこにでもあるコンビニ、風除室付設だったり雪かきがあるところが北国を感じさせます。


DSCN1951.jpg


あ、車が建物に突っ込んでる!
…とまぁ、他でもやってそうなベタな演出(汗)の湯沢界隈。


DSCN1952.jpg


ホテルの看板を見ると気分が盛り上がります。


DSCN1953.jpg


奇しくもこのホテルはひとみさんと同じ35周年♪


DSCN1954.jpg


これは頂けない!
ファンなら一目瞭然でしょう。「待ちぶせ」ではなく「まちぶせ」が正解。9年前の講演会でも資料に「『まいぶせ』でおなじみの…」と紹介されていてそばにいたおぢさんが憤慨しておりました。


頂けないといえば、H崎さんが私のことを忘れておりまして…泣きました(汗)。「“ウチ”のほうに似た人がいて…」という訳わからん言い訳ではショックから立ち直れません。◎田社長に言いつけるぞぉ(爆)!


昼飯はホテル手前にあったガストで。のんびりしてから戻って会場を確認に行ったらちょうどリハを終えて引き揚げるひとみさんとお兄さんにバッタリ!軽く挨拶を交わして2人をお見送り♪ 相変わらず私のタイミングは素晴らしい。知る人ぞ知る、知らない人は知らない(爆)現実。松葉さんは見境がない(汗)ので一部二部両方参加。一部が終わるまで私はひとりぽっち。松葉さん、東京からの遠征組ということで卓で目立ちまくっていたそうな。とゆーことで私も二部で同じ運命を辿ったわけで(汗汗汗)。


私の同卓にはひとみさんと同じB型肝炎のキャリアである御婦人がおられたのでひとみさんが講演会等でお話されてることをちょこっと伝えました。もっと時間があればよかったんですけどねぇ。


DSCN1961.jpg
DSCN1959.jpg
DSCN1969.jpg
DSCN1970.jpg


料理の質は…私にはわかりません、としか言いようがないけど過去に食べたモノと比べるとやはり落ちるなぁ。1万円だった長野のJAは会席だったけどもっと楽しめたもんなぁ。


DSCN1965.jpg
DSCN1967.jpg
DSCN1968.jpg


オマール海老、こんなに小さかったっけ? 小さい海老は全て芝海老と称するんだよね(爆)。それよりみんな言ってたけどなんで肉の後に魚が出てくるの? 説明が何もなかったぞい。だいたい、ナイフとフォークを用意せぇよ(呆)。有頭が箸では取れないって!ディナーでかぶりついてもいいんかいな?!


DSCN1966.jpg


ビールはサッポロを頼んだら東北限定版。地元の方も見たことがないほどレアだそうな。


DSCN1971.jpg


大抵はトリでコーヒーが出てくるけどメニュー表のわかりにくい表記が怪しいので質問ぶつけてみたけど希望者は注文とのこと。この時、諸事情で会場を離れたんだけど戻ってきたらコーヒーが置かれていて…デザートの後ぢゃないのかよと思いながら砂糖ミルクを入れていたら隣席の方がコーヒーまだ?と催促していた。まさか…飲んじゃったよぉ!てか、俺のせいぢゃない!!


DSCN1963.jpg


さて今回の3人、めーさんが一番年上でキャリアも長いからわかりやすいがひー様とクーミンの扱いは?
結局、出演順はひー様→クーミン→めーさん といういわゆる“芸歴”順でした。でもねぇ、、、方南町のお祭りのときはクーミンのほうが先だったんだよねぇ。今回自己紹介の時も、めーさん→ひー様→クーミン で微妙な調整か。まぁ、このテの話はエスさんが詳しいから今度会ったら意見聞いてみよう♪


1人あたりの持ち時間・曲数が限られているのでまちぶせをはずせないことを考えると厳しい選曲だったと思いますが、ディナーショーでは客層のことを反映させてるのか【にわか雨】が多いですね。オープニングにはもってこいの曲ですしね。次の【ともだちみつけた】はファミリー向けですから手堅い1曲。バラード系はヴォーカルの力が試されるので楽曲が多かった他の2人と差別化図れてよかったんぢゃないかな。ひとみさんを知らない人でも納得の歌唱力ですしね。3曲目の【三枚の写真】、この日はクイズ形式になりまして「この曲は誰でも経験する青春時代の淡い恋の物語。さて、この曲で恋は成就するでしょうか?それともしないのでしょうか?歌詞をよ~~~~~く聞いていればわかります。あとで聞きますからよ~~~~~く聞いてくださいね」と。で、歌い終わって声のトーンを堅くして「さぁ、問題です。恋は…A:成就した B:成就しなかった さてどっち?」なかにはAで挙手したアンポンタンもいましたがほとんどが正解しておられました。締めはもちろん【待ちぶせ】ではなく【まちぶせ】(爆)です。あ、衣装は上が緑で下は黒で…うまく説明できん! 以前どこかで着ていたヤツ。


2番手はクーミンさん。さすが!というか、ひとみさんとは歌唱力以外の部分で勝負してきました(爆)。フリフリ衣装でスプリング産婆・・・ぢゃなくてサンバですが、私でも聞いたことがある曲ばかり。ホイッスルもバトンもお目見え、芝居も披露、、、と言っても一言というか『悲鳴』だけ(汗)。客席徘徊もあり、さすがショー慣れしてるな、と。そしてトリはめーさん。誰でも知ってる【私の彼は左利き】のおねいさん。左利きのお客を何人か壇上にあげて一緒に歌うという演出がありました。どのくらいファンが来てたのかな?公式ファンクラブがあって一部の時は何人かいた(by 松葉さん)らしいけど。


アンコールの手拍子はなかったけどすぐさま3人が飛び出して・・・一部でもほとんどそんな雰囲気ではなかったらしい。ま、制作サイドのセンスが問われる一面ですな。


即売コーナーで『The Reborn Songs ~すずらん~』の即売会。お手伝いしてたら同卓の方がビックリしてたっけ(汗)。クーミンはブロマイドを2枚1000円で販売してました。マルベル堂ではないみたいでした。どこかの会社の重役みたいな感じのおぢさんが買っておられました。めーさんはファンクラブの案内チラシが置かれていただけ(無人)。


DSCN1972.jpg
DSCN1962.jpg



湯沢から最終列車に乗って横手へ。バス到着まで1時間近くをマックで待機。そして翌日帰還の松葉さんに見送って頂き、2日間の夢物語は終了。年内にあと2回ひとみさんに逢えるのでその段取りを帰りのバスの中で考えながらの帰京、忙しい年末になりそう。いつのまにか◆◆ちゃんのイベントも追加されてるし(汗)。なぜあそこは事務所の告知が遅いんだぁ(怒)?!
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
浦和コミセンポップスコンサート 石川ひとみコンサート
2013-12-06-Fri  CATEGORY: 石川ひとみ
DSCN1949.jpg


待ちに待った石川ひとみさんのソロコンサート。いつもの面子、お久しぶりの方々、誰だっけ(爆)?という方々など多彩な顔触れに。確認できてるだけでも・・・JJさん、KPさん、エスさん、松葉さん、ayaさん、0pageさん、Dさん夫妻、サイトウさん、ぽち子さん、コネリーさん、伴宙太さん、、、これでも欠席者がいたのだから所帯が大きくなってきて恐い。しかし、どこぞの親衛隊と違って全くまとまりがない(汗)。そうそう、今回、現役教師の方に“娘”の進路相談に乗って頂く予定でしたが…仕事抜けられないという連絡が来て残念!


魔子ちゃんトコは“その日”が近づくと盛り上がりを見せるのにひとみワールドは・・・ホントに明日やるの?みたいな前夜、いやいや、当日もおとなしいから始末が悪い(爆)。今回は会場に目立とう精神ちゃんがいたから厳かな(汗)雰囲気にはならずに済んだけど応援の仕方、ちょいと考えなアカンですね。


さて会場、リハの盗聴♪のこともあるので朝からスタンバイ! しかし腰の遅いヒトミストたちはなかなか現れず・・・最初に合流したのはなんと、名古屋から来たJJさん。その次は、、、誰だったっけ? エスさんが駅で鉢合わせたコネリーさんと、JJさんがKPさんとラーメン屋に行ったんだっけ? その頃メーテルみたいな格好にマスク姿で誰だかわからんようなayaさんや最近ひとみさんのことなど全く呟かなくなった松葉さんが到着したのかな?


とまぁ、どうでもいいことでも書いて行数埋めないと格好つかないんで。埋めても一緒か(爆)。


さて、色々な事情があって今回は1時間という軽いボリュームのソロコンサート。文章力のない私ではまともなレポは無理なので今回は余計なことで誤魔化します。ホントは余計なこと以外のことをしたいのだが(汗)。


ポップスコンサートということでアイドル時代の曲を連発してくれると期待したファンも少なくないと思いますがそうはひー様がおろさない。むしろほぼ私の予想通り。ただ、1時間というボリュームは想定外。衣装は肩出しタイプの白いワンピースドレス。一五一会で【夢で逢えたら】を弾き語り、久しぶりですなぁ。ひとみモデルを見るのはいつ以来だろう?以前は単発で(ボーン♪ボーン♪)と単発で音を出していただけだったのを今回はレベルアップしてメロディーを奏でていたところに気付いたayaさん。さすが直毅さんの弟子です♪


常連以外にも目を向けようとするひとみさん、「私を初めて見る人、ナマひとみさんは初めてという人~?」という問い掛けに、あえて名前は言いませんが常連なのにわざとらしくハーイと手を上げるM氏。M氏って言い方イヤだなぁ(爆)。当然ひとみさんから「え゙?違う人が手を上げてる!」と突っ込み。事務所公認の出禁にしましょかね♪


ひとみさんの突っ込みといえばこんなシーンも。最前列に座っていた小学生くらいの女の子。やはりひとみさんを知らないようで隣に座っていた父親に「教育しておくように!」


ポップスとかけ離れるけど、どこへ行って歌っても評判がいいプリンプリン物語、今回はトークも可愛らしい声にしてプリンセスになりきった姫君。自らデフォルメしなくてもいいんぢゃ…(汗)?


時間に制約があるせいかトークも歌もまだまだお腹いっぱいにならなかったけど致し方ないかな。厳しい条件、イマイチすぐれない体調で精一杯頑張ってくれたと思う。アンコールの君天も綺麗なビブラートだったし直毅さんではなく武藤さんが楽器で支えてくれたのもよかったですね。風貌に反して(?)控えめな性格の武藤さんと「突っ走りがちな」ひとみさんのコンビも新鮮ですね。


欲を言えばキリがないけど総じてよくやってくれたと評価していいんぢゃないかな。ひとつだけ裏話。特に手厳しいファンに聞いてほしいな。今回は当初カラオケオンリーでやる計画だったのをあえてwith武藤にしたとのこと。これはある意味、事務所の意地でしょう。


終了後のCD即売会は限定30枚用意していましたが、やはりあの歌声を聞かされた直後ということもあってあっという間に完売。私も手伝う余地なし(汗)。


締めは秋田へ向かうひとみさん&お兄さんをお見送り♪ 会場では確認できなかったけど直毅さんも来場していたんですね。


そして恒例(?)のオフ会。オフ会になると普段ほとんど動かないコネリーさんが目の色変えて居酒屋を物色するという光景が新たな名物となりつつあります。用意がいいのか悪いのか、サイゼリヤの店舗データをプリントアウトして取り出しますが・・・そこまで用意してどうして迷子になるのか理解に苦しみます。迷子になるから用意するとのことでしたが用意しても迷子になってるのでは? そんなこんなで結局コネリーさんの鶴の一声でサイゼリヤへ。理由は・・・酒があるからだそうです(爆)。総勢10名という大人数だったので席は2グループに別れて。(コネリー・伴宙太・JJ・ぽち子・aya・ムタ)のチームひとみ・チームくらたま混成軍の卓と(エス・KP・0page・松葉)の“各々本命が違う”チームの卓に。向こうはどんな話をしてたやら。こっち? コネリーさんが懲りずにバッタもん上映会をやってたみたいだけど。好き勝手に喋るのも楽しいけど何か企画会議みたいなことをしてもいいんぢゃない?ちょろっと言いかけた“◎◎会”とかさ。“彼”も都合さえつけばと言ってくれたわけだしね。


サイゼリヤを出たのが19時すぎだったかな? 22:30に新宿発の私、1人は寂しいので半ば強制的に二次会へ。0pageさん・松葉さん以外の8名が池袋へ。コネリーさんが暴走した分時間が厳しくなりましが無事に駅前の喫茶店で二次会を終え、私は新宿へ。いざ、秋田へ!





【曲目】
夢で逢えたら
バラが咲いた
亜麻色の髪の乙女
ラジオデイズ
ともだちみつけた
(ここで武藤氏が退場)
もしもピアノが弾けたなら
なごり雪
プリンプリン物語
三枚の写真
まちぶせ
〔アンコール〕君は輝いて天使にみえた
ページトップへ  トラックバック0 コメント4

ブロ電™切符

ブログ検索エンジン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ登録・検索 Blog Entry くつろぐ くつろぐカテゴリー くつろぐマイプロフィール みんなのプロフィールSP
<< 2013/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 真・猛虎の眼. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。