FC2ブログ
石川ひとみ姫を追いかける愚零闘武多(グレートムタ)が書き連ねる日記。ひとみさんの活動レポートや自分の趣味を中心に展開します。(本物のグレートムタではありません;汗)
真・猛虎の眼
合計 今日 昨日
北からの使者
2006-11-19-Sun  CATEGORY:
 冬の風物詩、ハクチョウが越冬のために‘来日’を始めたようです。日本にやって来るハクチョウは主に2種類。私自身、ハクチョウを見るのが好きで越冬地へも何度か足を運んでいるのでその思い出を添えて書き留めておこう♪



【オオハクチョウ】

 飛来してくるハクチョウの大部分がこれ。

大沼公園
 大沼に餌付け台があって観光地になっています。遠くに駒ヶ岳が見え、脇の線路鉄橋を時折走る列車が旅情を掻き立てる絶景のロケーション。ここは‘混浴’状態でハクチョウだけでなくカルガモやアヒルがいて鳴き声も混在しています(苦笑)。餌の取り合いも激しく…カルガモって素早いなぁ。

浅所海岸
 1度しか行ってないので何とも言えませんが、霧が濃くてメチャメチャ寒いところだったのでハクチョウの思い出がありません(痛)。
 またいつかYさんと一緒に行きたいな。

屈斜路湖
 冬は湖一面凍ってますが砂湯と呼ばれる一角だけ穴をあけたように水面が覗いてるところがハクチョウたちの羽休め場所。ここも寒かったなぁ。顔や耳が痛くなり10分も外にいられなかったっけ(苦笑)。ハクチョウは涼しい顔して餌を貰いに来るのに。



【コハクチョウ】

クッチャロ湖

 『くっゃろこ』ではなく『くっゃろこ』、北海道は道北・浜頓別に位置し交通手段はJR音威子府駅からバスで行くしかありません(国鉄時代は天北線で浜頓別まで行けた)。
 オオハクチョウと比べて警戒心が強い。餌付けされて人には慣れていても犬一匹入ってくるだけで群れが散ってしまうらしい。私が行ったときも必ず一定距離を常に保っていて私が一歩近づくとコハクチョウが一歩逃げるといったことが何度か繰り返されてます(汗)。限界距離は…3~4mだったかな。



特急『スーパー白鳥』(八戸~函館)

 これだって‘白鳥’です(汗)。クレームは受け付けません(汗汗)。
 振り子式なので大きなカーブの区間を高速走行しても従来の列車ほど遠心力がかからないのでスピードを落とすことなく走ることができます。青森駅でスイッチバック、青函トンネル内の海底駅でも乗り降り可。



<関連ニュース>
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061119-00000011-mailo-l03
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL

ブロ電™切符

ブログ検索エンジン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ登録・検索 Blog Entry くつろぐ くつろぐカテゴリー くつろぐマイプロフィール みんなのプロフィールSP
<< 2020/09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 真・猛虎の眼. all rights reserved.